2016年7月26日

医師のバイトの大変なこととは?!実際に多い意見3選!

命への責任感を強く持っていなければいけない!

医師の仕事のすべてには、命が必ず関わってきます。間違えてしまったという事は通用しないでしょう。患者の小さな異変も、常に最悪の事態を想定して働かなければいけません。医師が少し、見落とした症状や対処法によっては、患者の人生を変えてしまうことになりかねません。また、手術をしなければいけない場合は、生死を分けるという責任感を担わなければいけません。大きな責任感に耐え、常に適切な対応が迅速にできなければいけないでしょう。

不規則な仕事時間!?

医師のバイトの勤務時間は、ほとんどの場合日勤のことが多いのですが、週に何回かは当直で深夜から朝まで勤務しなければいけません。そんな時は約30時間ほど勤務を続ける場合もあります。肉体的にも疲労困憊しますし、いつどんなことがあっても対応できるように、気が抜けないので精神的にも疲れるでしょう。また、仮眠や食事の時間はあるものの、急患入れば、中断しなければいけません。好きな時間に寝て休むという事は難しい職業でしょう。

家族サービスの時間の確保が難しい!?

多忙な医師は、約10日以上自宅へ帰れないということもあります。また、休みがあっても、日々の精神的にも肉体的にも疲れている体を休めるために、寝るだけになってしまうこともあるでしょう。すると、妻は寂しいという気持ちが芽生えますし、子育てと家事、仕事などをひとりでこなさなければいけないということで、かなり大変です。また、子供と一緒に過ごす時間が少なくなりますし、遠くへ一緒に出かけるという時間もあまり取れないでしょう。

医師のバイトでは、医師免許を必要とする業務を行います。企業や学校などの集団健診や、民間病院での臨時診療・夜間当直などその仕事は多岐に渡ります。