2016年7月25日

希望の企業に合格する!面接で気をつけるべきポイントとは?

履歴書の内容で興味を持ってもらう

就職活動で面接まで進めても、緊張してしまって上手く話せないために不採用になってしまうケースは多いですよね。しかし、事前の準備をきちんと行っておけば、面接で自分をアピールできるようになるんですよ。面接では、履歴書の内容をもとに志望動機などを聞かれるでしょう。その時に、誰も持っていないような資格や特技を履歴書の目立つ部分に記載しておくと、面接官から興味を持ってもらい、自分をよりアピールできるようになりますよ。

元気な対応で好印象を与える

面接では、緊張してしまって声が小さくなってしまう人も多いですよね。しかし、他のライバルに差を付けるためには、元気の良い挨拶や返事をすると効果的ですよ。常に元気な返事をする志望者であれば、会社に入ってからも良い活躍をしてくれると期待されるでしょう。最初に面接官に会ったときから元気で明るい人間であるという点をアピールできれば、これから会社に入った後でも成果を出せる人間だと思われるため、採用が近づくんですよ。

相手からの質問には丁寧に答えよう

面接を受ける場合には、面接官から様々な質問を受けるでしょう。その時に、出来るだけ自分をアピールできる返答をできれば、相手からの印象も良くなりますよ。何故その業界を選んだかであったり、その会社でどのような仕事をしたいのかをはっきりと答えると、その会社への思いを伝えられるでしょう。また、こちらから分からない点や疑問に思った点を積極的に質問をすると、就職に対する意気込みを相手に理解してもらえるようになりますよ。

新卒紹介は、エージェントが就活条件に見合った企業を見つけてマッチングしてくれるので、希望に近い条件で就職できるのがメリットです。