2016年7月23日

住み込みの仕事って素敵!憧れのロングステイライフです

ロングステイって知っていますか?

ロングステイとは?1か所に2週間以上滞在するプチバカンスのことで、最近ちょっとしたブームです。数カ月程度のものなら移住のお試し版ととらえることもできて、海外の他、国内でも人気があります。このロングステイ、実際やろうとするとけっこう費用がかかるんですよ。月数十万単位で出ていきます。さすがはプチバカンスですよね。やってみたいけど無理なんて思っていたところ、良いものを発見しました。それが住み込みのお仕事です。

昔、友人が住み込み仕事やっていました

かなり前、友人が住み込みの仕事をやっていました。ホテルや旅館の配膳のお仕事で、簡単に言うとウエートレスです。沖縄や北海道や軽井沢など、有名なリゾート地ばかりを狙って働いていました。もちろんハイシーズンの数か月間だけです。どこもピーク期は人手が足りないのですね。ちゃんと季節人員用の寮があるんですよ。具体的には実家に住民票を置いて拠点にし、スーツケース1個で全国を飛び回っていました。当時は「あっそう」としか思わなかったけど、今思うと毎日がロングステイみたいで憧れます。旅好きにはたまらない生き方ですよね。

全国制覇も夢じゃない!?

そんな住み込みのお仕事をネットで調べてみたら、あるあるごまんとヒットしました。最近は個室の寮が増えていて、ネットも完備されているようです。そこまでして人員を確保したいのか?と思いますが、現地の事業者にとっては稼ぎ時ですもんね。当然の事かもしれません。もちろん勤務時間外や休日は自由です。もっと若い頃に気付いておけばよかったな~とつくづく思います。日本は四季折々なのでベストシーズンだけ働いて全国制覇も夢じゃないですよ。数年間の期間限定で徹底してやってみればユニークな体験ができそうです。募集年齢を調べてみたらかなり幅広くて驚きました。たぶん着物姿の配膳もあるからでしょう。いいな~いいな~、冬は沖縄、春は四国、夏は北海道、秋は京都、なんて素敵じゃないですか!現実には無理なんだけど、ちょこっと夢に浸っているこの頃です。

寮の求人の中でも、会社の独身社員寮では住み込み管理人の募集をしています。会社の社員が暮らす住まいで起こる様々な事柄に、24時間体制でサービス精神で対応してくれる管理人を募集しているのです。